エレクトロセラピー®川口式血流改善法について

古来の東洋医学と最新の現代医学をベースに応用した低周波電気療法(電子理学療法)で、全身の血流をよくし、人間本来の自然治癒力を最大限に高める療法です。

足と腰を温めながら、気持ちよい微弱電流によってせきずいを刺激、全身の疲労回復効果を促がします。また、脳の血行を促進し、中枢神経を活性することにより、ストレスや不眠、ホルモンバランスの乱れなど、自律神経に働きかけます。

川口式血流改善法は、お客様のお悩みや体の症状など、ご要望にそって、毎回おひとりお一人に合わせたメニューをご提案させていただき、完全オーダーメイド施術を行っておりますので、お子様からご高齢の方まで安心してご利用いただけます。

低周波電気療法のはじまり

低周波電気治療の研究は、昭和30年東大病院医学部第一内科田坂教授が脳卒中の後遺症のリハビリのために考案されたのが始まりです。田坂教授は、薬や手術以外に低周波を使った治療を研究し、脳卒中を患った患者さんのリハビリのために低周波治療を行っていました。

あるとき、電極をせきずいに当てて通電したところ、筋電図に大きな変化が起こることを発見し、そこで数例脳卒中後の片麻痺の患者さんに行ったところ、従来では到底期待できないほどの効果が認められ、他の症状に用いた場合も優秀な効果だったと論文に書かれています。 この療法は、脳卒中をはじめ小児麻痺など、脳細胞が大量死滅した患者さんを次々完治させた事から当時のマスコミは「奇跡の療法」として話題となり、東大病院では、患者が押し寄せ「門前、市をなすがごときの賑わい」と当時の記事に書かれています。

その後、全国32箇所の国立病院から9535例の症例をあげ、運動麻痺、知覚障害、言語障害、自律神経疾患など次々と論文が発表されました。しかし、診療報酬があまりに安かったことと、一人の患者に対して時間がかかりすぎる事などが原因で病院経営が成り立たず、1970年代を境に、医療機関では一切行われなくなってしまいました。現在は、電極を体内に直接挿入して通電する「脊髄電気刺激療法」として導入されています。

体の深部まで血流が改善されます

低周波電気療法は、皮膚を通して刺激を与える事により、血管を拡張させて体の深部の血流量を増やすことが科学的に証明されています。またシビレや痛みなどの疼痛疾患や末梢神経等の症状にも非常に効果的です。
<参考文献 物理療法の実際 (東京大学物療内科 高橋光正著)65ページ(16行目)/1970年5月10日初版発行>

VOICE
お客様の声をお聞き下さい