卵巣浮腫

「今年は手術のつもりだっとのに…」

K.Aさん

卵巣膿腫で12年前に手術をしたのですが、再発。チョコレート膿腫や癒着もあり、生理の度に大きくなると言われ、高プロラクチン(脳下垂体から排卵を防ぐ薬)服用しながら経過観察。
元気サロンにいらして1ヶ月、右そけいの痛みが取れ、便通が良くなりました。
3ヶ月後、生理痛が治り、生理不順も安定してきて、7ヶ月が経ち、検査をしたところ、右4㎝、左3㎝の膿腫があり、やはり手術をするように言われたそうです。手術を先延ばしにしながら、集中的にホルモンバランスと子宮の血流をよくしたところ、高プロラクチンの薬を半分に減らすことができ、半年後の検査結果では、なんと!右卵巣腫瘍が消えていたのです!
ご本人もびっくり!「今年は手術のつもりだっとのに…」と、うれしいお声!旦那様も大喜びでした。
K.Aさん、本当に良かったですね!私たちもすごくうれしいです。

 

お悩み

卵巣浮腫

  taira   2月 05, 2008   お客様の声   「今年は手術のつもりだっとのに…」 はコメントを受け付けていません。   Read More