深い呼吸で免疫力を上げる

いつも元気ライフサロンをご利用頂き、ありがとうございます。代表室星です。

 

今日は、普段意識しない「呼吸」について。

 

「息」は「自(分)」の「心」と書きます。

 

自分の心が自分の息(呼吸)に現れる、ということなんですね。

 

何かに緊張していたり、何かに焦っていたり、イライラしている時など、意識しないのに、勝手に呼吸が早くなったり、

 

また何かに夢中になりすぎてしまっている時などは、無意識に呼吸が浅くなったりしますね。

 

多くの現代人の呼吸は、時間に追われ、ストレスが多いためか、無意識に呼吸が浅く短くなって、健康に様々な悪影響を及ぼします。

 

 

呼吸は、自律神経によって無意識に調節されていますが、自分でもコントロールすることができます。

 

息を吐くことは副交感神経を、吸うことは交感神経を刺激します。

 

体に良い呼吸とは、ゆっくりとした深い呼吸です。

 

できるだけゆっくり、長く息を吐くことに意識を集中してみましょう。

 

深い呼吸をすることで、副交感神経を優位にし、心身ともにリラックスすることで、免疫系、ホルモン系が活性します。

 

ここで、ポイント!

 

呼吸する時は、口呼吸ではなく、鼻呼吸が◎!

 

鼻は、天然の浄化、加温、加湿の役割を果たし、排気ガス、放射能、黄砂など、空気中に溢れる有害物質を遮断してくれます。

 

普段の生活から鼻で呼吸をする習慣をつけると良いですね。

その他のブログ