咳止めにパイナップル?!

こんにちは!いつもありがとうございます。鈴木です。

風邪などで咳が止まらない状態が続く事ってありますよね!

苦しくて辛いですよね。咳がつらいけど薬に頼るのも…

そんなときの食事療法として、パイナップルが注目されているそうです。咳を止めたいときにパイナップルを食べたり、ジュースにして飲んだりする人もいるようですよ。しかしパイナップルは、なぜ咳止めに効果的なのか調べてみました!

パイナップルには、たんぱく質を分解する働きを持つ「ブロメライン」という酵素が含まれており、この酵素には痛みと炎症を軽減させる効果があるそうです。そのため、パイナップルを食べることで喉の炎症や痛みが緩和され、痰を出しにくくなり、喉が潤うといわれています。ブロメラインは、気管支炎などの炎症に対する治療薬にも含有されているそうです。

またパイナップルには、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれいて、パイナップルを食べることで免疫力が上がり、新たなウイルスに感染して風邪が長引くことを防ぐ効果があると考えられています。

風邪が流行る季節、試してみるのもいいかもしれないですよ〜!

その他のブログ