こんにゃく湿布②

こんにちは!時原です。

前回、こんにゃく湿布の、肝臓、腎臓、丹田の手当てをご紹介させていただきましたね♪続きがある、と思わせ振りな書き方をしましたので、続きです!(盛り上がってるのは時原だけでしょうか?!笑)

 

このこんにゃく湿布ですが、詳しく知りたい!という方は東城百合子さんという方が書いた本を読んでみてくださいね◎まさに目からウロコ!です。私が実践してる手当ては、ここから学んだことばかりです。

 

さて、話は戻り、例の”続き”です(笑)

 

うちの旦那さんは消化不良も起こしていたので、肝臓、腎臓、丹田のあと、へその上にも1つこんにゃくをあてました。

 

東城百合子さんによると、へそのまわりには胃腸に関するツボが集中していて、自律神経にとても影響があるとのこと。

 

更に身体を触ってみると、なんだか変に熱いのです。温かい、のではなく熱い。

 

そこで、さっき脾臓を冷やした時に使った冷たいタオルで、身体の熱がこもってる部分を冷やしてみました。すると、気持ちいいー!と言われました(笑)

本人いわく、内臓はあったかいの良いけど、なんだか身体が熱いのが嫌だ、とのこと。それから熱いとこはとにかく冷やしタオルで湿布。

 

すると、どんどんお腹が動く音が聞こえてきました。同時に本人は深い眠りに入りぐっすり。

 

今回、あらためて思ったことは、これはいいから!と一方通行でやってたなあーと、やはりなんでも相手の話しや感覚をちゃんと聞く、ということは大事だよな~ということでした。

 

やっぱり日々なんでも勉強ですね!!

このことを大事にこれからも頑張ります◎

 

皆様もサロンにいらした時は症状や感覚、なんでもお話ししてくださいませ♪スタッフとたくさん相談しあって、良い施術を一緒に体感しながら元気になりましょう!

 

元気ライフサロンに来て、血流を良くして身体が元気になるだけでなく、心のリラックスになると思いますよ~

それではまた◎

その他のブログ