気圧の変化による身体への影響

こんにちは。熊木です。

昨日の台風は皆さん大丈夫でしたか?

台風が来たりすると気圧の変化で体調を崩される方が多いです。

頭痛や肩こり、腰痛、持病、古傷、ムチウチ、リウマチなどで気づく方もいれば、
なんだか身体がだるいなあ、重いなあ、やる気でないなぁと感づく方もいます。

そんな雨や台風、梅雨、秋雨はどのような状態が起こっているのか?
そしてどのような体への影響があるのか、少しお話ししますね。

高気圧の時は、晴れてますよね。そんな時は、空気が多いので、比較的活動的な交感神経が活性化される時期です。

逆に、低気圧では、上昇気流のため地表近くでは、酸素が若干少ないため、副交感神経が活発となり、エネルギーのエコモード、リラックス状態となりやすいのです。

気圧の変化で体調を崩されやすい方、自律神経のバランスの乱れがあるかと思います。

サロンで自律神経の施術をお勧めします。

日ごろから定期的に施術されている方は、気圧の変化に影響されてない方が多いですよ♪

お待ちしております。

その他のブログ