鼻呼吸のすすめ

こんにちは、田澤です。

日々エアコンを使っているので、風に当たりすぎたり、

のどの痛みが出ることがありますね。

近年、日本では口呼吸をする人が増えてきていて、

口呼吸がアレルギー体質のひとつの原因でもあるそうです。

 

自分が口呼吸か鼻呼吸か気にしたことはありますか?

 

本来、呼吸は鼻でするもの。

鼻の粘膜や繊毛は、空気中の殺菌やウイルスを除去する役割があります。
口呼吸の場合、殺菌やウイルスを除去してくれるものはないので、

そのまま体内に入ってしまいます。

更に、口呼吸は虫歯や歯周病の原因にもなりやすいそうです。

 

鼻呼吸は最近の研究で、左右の呼吸量は同じではなく、
どちらかが呼吸しやすければもう片方は呼吸しづらくなり、

呼吸しやすい鼻と反対側の脳が活発に活動することが明らかになったそうです。

左の鼻は副交感神経が優位になり、
右の鼻は交感神経が優位になるので、

食後や落ち着きたいとき、眠る前や活発に動きたいとき等、
呼吸を意識するのも良いですね。

8月末まで、お得な回数券のキャンペーンを行っています!

笑顔でお待ちしています。

その他のブログ