良い汗と悪い汗

こんにちは!鈴木です。

ジトジトした今の季節、体温調節が難しいですね。
今日は、汗について少しだけ、、、

良い汗・悪い汗って聞いたことありますか?
汗の原料は、血液です。
まず血液は、汗の出口である汗腺に取り込まれます。
その後、水分以外の成分のほとんどは、再び血液中に戻されます。
そのミネラルの再吸収がスムーズに行われているかによって、良い・悪い汗の違いがあるそうですよ!

<良い汗>
*ミネラル分は、再び血液中に吸収されているため、成分のほとんどを水分が占めている
→さらっとしていてベタつきやニオイが少ない

*すぐ乾く
→蒸発するときに体から熱を奪うため体温を下げる

<悪い汗>
*ミネラル分が再吸収されず多く含まれている
→皮膚についた菌の養分となりニオイの元となる

*大粒ダラダラ流れる
→蒸発しにくいため体温を下げる能力が低い

良い汗をかくためには、運動をしたり、冷房に長い時間あたらないなど日頃から意識する必要があるのかもしれませんね‼︎

また、元気ライフサロンでの追加メニューでゲルマニウム温浴がおすすめです。お好みの温度で準備します。まだお試し頂いてない方はぜひ!

当日でもすぐ準備できますので、気になる方はスタッフに気軽にお声かけ下さい!

 

ではまたお会いしましょう!!

その他のブログ