立ちくらみ

こんにちは♪平岩です。

梅雨に入り、だんだんと天気が優れない日が増えてきましたね。
私はお休みの日が晴れると嬉しくて自転車で外へ出掛けます(^^)
この時期は暑すぎず風が気持ちいいんです♪

ところで、みなさんは「立ちくらみ」をすることがありますか?

座っていたり、しゃがんでいる状態から急に立ち上がったときにフラフラする症状です。

貧血の症状にも立ちくらみはありますが、立ちくらみは正確には「起立性低血圧」と言います。

その症状は脳へ血液・酸素が十分に送られないことで起こります。
脳への血流を維持しているのは血圧なので、血圧が低くなると立ちくらみが起きやすくなります。また、血圧の調節がうまくいかないときにも起こりやすくなります。

最近、このブログで何回か話が出ている自律神経が血圧には大きく関係してきます。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられますが、交感神経は、末梢の血管をギュッとしめ、心拍数を上げる作用を持っています。
このため、脳への血流が保たれ、血圧が低下するのを防いでいるのです。

立ちくらみの対策を調べたところ、急に立ち上がらない事が一番の様です。
特に朝は低血圧になっているので、起床時はその起立性低血圧を起こしやすくなっています。

起きるときはゆっくりと、心を落ち着けてから立ち上がるようにしましょう。
普段から低血圧の方は多めの水分摂取も効果的です。

特にこの時期は急な気温上昇もあります。熱中症予防にも水分摂取は不可欠です‼

是非、こまめな水分摂取を心がけてみてください!
塩分・糖分が少し含まれている飲み物を摂ると、体への水分吸収率が高まり効果的です‼

この変わりやすい季節も快適に過ごしましょう★

 

はやいもので6月も半分過ぎましたね。日中はご予約とりやすくなっています。

ご予約お待ちしております!!

その他のブログ