質の良い睡眠でQOL(生活の質)UP!

こんにちは!大平です。

 

皆さま近頃は日々万全の体調で過ごせていますでしょうか??

 

寒さが深まる一方で空気の乾燥もより進み、花粉も飛び始め、体にかかるストレスも増しやすい時期とも言えます。

 

そんなときにしっかり睡眠をとれていないと気力・体力の低下や、注意力散漫でケガをしやすかったり、中々ストレスが癒えず、免疫力低下で風邪を引いたり、様々な不調を引き起こしかねません。

病気を未然に防ぐためにもしっかりと心身を休めてあげましょう!

 

・睡眠の大切さ・

人は、睡眠中に脳を休め、身体の修復を行っています。

(皮膚の傷や血管等にできた炎症や粘膜のキズなどの修復も含め、細胞の生まれ変わり、肉体の再生などなど)

 

睡眠を通じて修復力を上げるには

質の良い睡眠である必要があります!

 

それにはまず大事なのは

陽が昇ったら起床し、しっかり太陽の光を浴びることです!

 

早起きすると脳からセロトニンという幸せホルモンが分泌され、精神的に豊かになれるとされています!

 

そして、夜になると今度はメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されるようになり、これが副交感神経を優位にし

心地よい眠りへと導いてくれます。

 

このメラトニンをしっかり分泌する為には昼の光でもない、朝の陽に浴びることが大切なのです!

 

さらに付け加えると、朝の陽に浴びて分泌されるセロトニンは

それ自体では体内で生成することはできないので、一緒に必須アミノ酸であるトリプトファンを1日500~600㎎

摂取すると生成されます。例えば

カツオ、マグロ、レバー、ロース、むね肉、乳製品などですね

 

結局、睡眠一つとっても生活リズムや食事等、あらゆる方面でバランスよくというのが健康の大前提と言えそうです。

 

ただ、現代人は仕事などの都合により

なかなか生活リズムや食事を規則正しく取ることが難しく、だからこそ不調という方が多いかもしれません。

 

よくpm22時~am2時はゴールデンタイムで、その時間帯は寝るといいと言われていますが、最近は眠りについてから2、3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになるので、必ずしも22~2時に寝なくては、ということでもないようです。

ただ、22時を過ぎると体はくつろいだ状態に移行していくので、その時間を過ぎて食べたり呑んだり、

TVやスマホの見すぎは睡眠の質が低下しやすいのでご注意を!

 

元気ライフサロンでは

お体を温めながら、微弱な電流刺激で血流を促進!

心身の緊張をときほぐし、リラックス

 

首がこっていると寝付きが悪かったり、眠りが浅くなりがちに。

安眠のツボでもある首すじの風池をはじめ、様々なメニューで自律神経を調整していきます!

 

サロンに来るとよく眠れるようになるお客様も多いですよ!

 

質の良い睡眠を得て、皆様の生活の質が上がることを祈っております♪

その他のブログ