血液と水分の関係

いつもサロンにお越し下さりありがとうございます。鈴木です。

さて、はじめてのスタッフブログ…何を書こうか…迷いましたが、「血液と水分の関係」に注目してみました。

これからの季節、水分を飲む量が自然に増え、なぜ水分をとる必要があるのか?

簡単に…

 

血液は、血管を流れて全身に栄養分や酸素を供給するとともに、各組織から老廃物を受けとって運んで排出する働きをしています。

◎血液は血球と血しょうに分けられています。

赤血球→酸素を体の隅々まで運ぶ

白血球→細菌感染などから体を守る

血小板→出血を止める

 

血しょう成分の約95%水分です!!

そのため水分が不足するとドロドロした血液になり、運ぶ力も鈍ってしまうため、こまめに水分をとる必要があるのです。

そして、血液中の水分量が増えれば、血液はサラサラになり、新陳代謝も活発になりますよ!!

みんなでこらからやってくる暑い夏をのりきる準備を始めませんか☻

その他のブログ