紫外線対策しすぎに注意☀️

こんにちは?車田です。

 

5月に入り、季節はずれの寒さもありましたがやっと通常運転になったでしょうか?

 

気温差で体調を崩さないようお気をつけください。

 

5月といえば、真夏と同じくらい紫外線が強いといわれています。

朝晩涼しくても紫外線対策を怠らないようにしたいものです。

 

紫外線といえば肌トラブルや皮膚ガンなどマイナスなイメージになってしまいますが、

骨を強くするために欠かせない’ビタミンD’を作るのにとっても重要な自然の恩恵でもあります?

 

人間の体で作ることができないビタミン、

主に食事から摂取することができますが、

ビタミンDの場合は食物の他に日光を浴びることで体のなかで作り出すことができるんです!

 

ビタミンDの効果とは、

カルシウムの代謝と骨に対する作用です。

カルシウムはビタミンDの助けがあることで効率的に活用されます。

もちろん睡眠や適度な運動、タンパク質なども健康な骨を作るのに欠かせませんが…?

日光浴をすると脳内に「セロトニン」という物質が分泌され、ストレス解消や集中力アップ、
気持ちが明るくなるなどの良い効果も期待できます。積極的に日光浴をして、骨の健康を保ちましょう。

日光を浴びるのは、人間にとって基本のようです。

 

 

でもやっぱり紫外線を浴びたくない!という時は夏でも木陰で30分ほど過ごすだけでOKですよ!

 

行楽シーズン、元気に過ごしましょう✨

その他のブログ